自然妊娠や不妊治療、漢方の相談なら八王子市にある石川珠美のとちの木薬局

のべ2万人以上の相談実績を誇る石川珠美のとちの木薬局

無料相談のご予約は042-625-0184まで

  • 無料相談の予約をする
  • メールで問い合わせする
【営業時間】9:30~19:00(土曜16:30まで)【定休日】木・日・祝日
  • 電話で予約する
  • メニュー

お客様の声

内膜が薄い~38歳の妊娠

今日も、6月に妊娠された方をご紹介します

38歳のKさんがいらしたのは今年の2月。

3年前に筋腫の手術をしている方でした

抗精子抗体陽性なので、

体外受精を繰り返していました

今までに妊娠陽性が出ても染色体異常で流産もありました

胚盤胞まで育つ元気の良い卵ちゃんなのですが、内膜が厚くならずに移殖できない事が何度もありました

Kさんも、がんばり過ぎていて気持ちがいっぱいいっぱいでした

ネットで検索する事も多かったので、悩みが解決しないのなら、ある程度でネットで調べるのも止めよう!と提案もしました

Kさんの一番の原因は、

血流が悪い事

次は

病院での不妊治療が長くなっているので、

ホルモン剤の影響で低温期が下がりきらずにベースの体温が上がり気味になっている事です

卵ちゃんは、だいたい採卵出来たら胚盤胞までいくようだったので

内膜が厚くなるような漢方薬を中心におすすめしました

このような内膜の状態を良くするには

低温期と高温期に分けて血を整える事と

血流を良くする事です

内膜が良くなると卵ちゃんも良くなります!

低温期と高温期に分けて漢方薬を飲む方法は、「周期療法」と言います。

今回も周期療法でおすすめしました。

今回の6月の移殖で陽性判定が出て、力強く継続しています

本来なら、もう少し待って報告したい所なのですが、

内膜が薄いと言われて

年齢のせいのように言われ

移殖が出来ない方が意外と多いので

ご紹介させて頂きました

早く赤ちゃんが来てくれて、本当に良かった💕

無料相談のご予約は042-625-0184です。

このページのトップへ戻る

メニュー